→ → UPZ BOOTSの日本総代理店・アルパインスノーボード関連商品を豊富に取り揃えております~

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ホームUPZ BOOTS2015バージョンアップ! K-TOOL ラチェット式工具 Ver15.11
商品詳細

2015バージョンアップ! K-TOOL ラチェット式工具 Ver15.11

販売価格: 2,800円 (税別)
数量:  個
2015-2016モデルに対応し、バージョンアップしました!
2015-2016モデルのバックル取り付けビスに使用されているトルクスビスに体操したヘックスローブT25ビットを加えました。


===============================================

プロスノーボーダー、スノーボードスクールの校長、
そしてフォトグラファーと幅広く活躍するゴンタくんことK保氏の提案で
商品化された「K-TOOL」!



付属のビットは従来通り10種類です。2014-2015以前のUPZの調整に必要なトルクスビットT20と
T30に最新の2015-2016モデルのUPZに必要なトルクスビットT25を最新バージョンでは追加!
SGプレートやD社ハードブーツのサイドカントの調整に必要な六角ビット3mmと4mm。
一般的なバインディングの取り付けに必要な#3の+、バックルなど小さなパーツの
調整に必要な#2+、しかも+ビットは2本共マイナスとの両頭、さらにF2バインやVIST
プレートに対応したポジ規格#3の合計9種類のビットをセットしました。

さらに、バインディングの調整や脱着に重宝する全長75mmでステンレス製の延長アダプターを付属。
先端にはビットの落下を防ぐマグネットを備えています。
そして、ラチェット工具本体は大阪の工具メーカーさんとのコラボ商品で信頼のMADE IN JAPANです。


K-TOOLがあればUPZはもちろん、
一般的なバインディングや特殊なポジビスも、
ねじ山を潰す事なく調整OK!!


きっとお役に立ちます!!
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
左がポジビス、右が通常の+ビスです。
一見見分けがつきにくく、ポジビスはプラスドライバーでも何となく回せてしまうので知らずに使われている方も多いようです。
F2バインディングの取付ビスやスライダー調整ビスがなめやすいと感じたことは無いですか?
ビスの形状をよく見て下さい!!

見分け方としては、ネジの頭を上から見て十字形の溝だけが観察できるのが一般的なプラスビス。
これと比較して十字形の溝の間に45度の角度でさらに4本、細いスリットが刻まれているのがポジビスです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
左がポジビス用ビット、右が通常の+ビスビット。
一見よく似ていますが、よく見ると十字の溝の中心のにさらに細い突起があります。この突起がポジビスの溝に入り込みます。
プラスビスは4山で噛み合いトルクを掛けますが、ポジビスは+4山の計8山でより強いトルクが掛けられます。
また、プラスビスは外広がりのテーパー状の溝ですが、ポジビスの十字型の大きい4つの溝は厚みが同じです。
プラスビスを大きな力で回すときに、テーパー状のおかげでビスの溝からドライバーの先端が外れようとするカムアウト現象が生じます。
しかし、厚みが均等なポジビスはカムアウトすることなく、しっかりとトルクを伝えてくれます。
(画像をクリックすると大きく見られます)
UPZ 2015-2016のバックルやキャッチャーの取付に使用されているトルクスビスT25に対応したビットを新たに追加しました!
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス